2012年04月13日

北朝鮮 キター!

北朝鮮が、ミサイル発射。

しかも、各国のジャーナリストを招いて
いながら、自信に満ち溢れての発射である。

また、4月15日は、金日成の生誕100年と言う
国家的な、祝賀ムードに水を注す失敗である。

北朝鮮の国内でも、失敗したことを、初めて
発表した。
これまでは、一度も成功していないにもかかわらず
全て、成功と偽りの発表をしてきた北朝鮮だ。

今の、ジョンウンちゃんは、少しは倫理感を
持っているということか。

posted by ブログ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

原発再稼動は

原発再稼動が行われていようとしています。

しかも、政治判断で。



原発は必要かどうかと言われると、私にはよくわかりませんが

福島の原発事故を受けて、非難準備区域が、従来の

8〜10Kmから半径30Kmに拡大された。


テレビ報道で、福島原発の放射能飛散汚染区域をこの原発に

当てはめるとと言う図面などが出てくるが

これは、とても危ない情報です。


福島原発の事故で汚染された放射能が飛んだのは、

ほとんどが、東側の海で、陸上への飛散は、たまたま、南東の風が吹いた

時の、ごく一部である。


再稼動が注目されている関西電力の大飯原発があるのは

福井県の若狭湾である。

もしも、この場所で福島と同様の事故が起きたら、放射能の

汚染地域は、関西圏だけでなく、名古屋や場合によっては

関東圏まで広がる恐れがあるのは、明白である。


日本の上空には、偏西風が吹いている。

福島の場合は、放射能は西風に乗って、95%以上が

太平洋上に飛散した。

大飯原発の場合は、ほとんどが、東側に流される、

そうなったら、汚染地域は、福島事故の何十倍にもなる

除染にかかる費用は、膨大になると思われる。


このことをわかっているのはどれくらいの人がいるだろうか。

それでも、原発を再稼動するのか。

再稼動するには、福島事故の検証と再発防止対策が

不可欠だと思う。
posted by ブログ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

がんばれWBC!

●WBC日本代表 準決勝出場!

 WBC侍ジャパン!。

 明日のUSAとの準決勝を控えて

 どんな日をすごしているのでしょうか。


 まずは、目先の相手に勝って、決勝にコマを

 進めてほしいものである。


 キーポイントはイチロー。

 絶不調のイチローをスタメンに出すかである。


 ともかく勝って、韓国との決着をつけてほしい。
posted by ブログ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ゆれる定額給付金

●定額給付金がゆれている。

 麻生総理をはじめ、閣僚の中でも、貰う、貰わない

 2分化している。また、内閣の中でも、意見はまちまちだ。


 一般人には1万2千円。子供とお年寄りには2万円だ。


 これを使って、消費を促し、景気を刺激し、停滞している

 お金を動かそうとしている。


 しかし、私は使わない。

 なぜかって、




 このお金は、私の払った税金が財源だ。

 3年後には、この倍額の税金が徴収され、当然

 その時の、税金対策として準備しておくつもりだ。


 世の中が変わり、政府が無駄遣いを無くすれば

 2兆円などと言った金額は、毎年配布しても

 困らないだけの、無駄金が、湯水のように

 役人の懐に入り込む。


 このムダ金を無くさない限り、支給された定額

 給付金は安心して消費に回せないのが

 一般的庶民感情と思う。


 その一般庶民が、役人を勝手気ままにさせている。

 いわゆる、選挙の投票率だ。

 選挙の投票率が都市部で20%程度のところもある。

 
 これはどういうことかというと、

 選挙に行かなくても、私の生活は困窮していません。

 と言う事。


 生活にに本当に困ったら、自分の暮らしを

 変えてもらいたかったら、自分の1票が

 如何に大切かと言う事を、認識しないといけない。


 役人の思うがままの政治を許しているのは

 ただならぬ、無知な一般庶民に他ならない。


 官僚や、麻生さんをはじめ、現在の内閣は

 そんなことを見通している。

 国民を馬鹿にしている。


 どうせ国民は何も出来ない。支持率なんて

 電話の世界。電話先で聞かれれば何か声に出すが

 投票所に行くのはめんどうだ。


 国民なんて、ちょろいもんだ。


posted by ブログ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

年末ジャンボ宝くじ 当選番号発表

●年末ジャンボ宝くじ 当選番号 発表

 第550回全国自治宝くじ(年末ジャンボ)当選番号が
 
 決まりました。


 当選した人は、おめでとうございます。


 多分、このブログを見ている人には、当たった人は
 
 いないはずです。


 なぜならば、私が宝くじを買った事がない理由と

 同じです。



 それは、確率論を勉強したから。



 確率論とは、例えば、さいころを振って、1が出る

 確率は、六分の一ですよね。


 2回とも振って、続けて1が出る確率は、

 1/6×1/6 ⇒ 三十六分の一です。


 宝くじの一等の当選番号は、6桁の中の一つですよね。

 その上、組数が2桁ありますね。

 
 と言う事は、6桁とは10万分の1ですよ。

 それに2桁と言う事は、 一千万分の1


 実際には売り上げからすると 一千万分の3くらいのようです。


 一千万分の三と言ってもピンときませんよね。

 100Kgの米粒に1個赤い米を入れて、その100Kgの

 米の中に戻して、目をつぶって、その米の中から、1個の

 赤い米粒を引き当てる確率です。



 こんな話をしても、ピンと来ませんね。

 
 日本全体で、交通事故で亡くなる方が、年間7千人。

 国民全体の1億2500万人で割ると、その確率が

 1万7857分の1です。


 つまり、交通事故で亡くなる確率のほうが、

 100倍以上も高いのです。

 
 宝くじ一等にあたって、その当選くじを車で

 銀行窓口に持っていくまでに、交通事故で

 死ぬ確率のほうが高いかも知れないと言う事。


 だから、私は、宝くじを買った事が無い。


 宝くじは、夢を買うとか言っているけど、

 私に言わせれば、お金をどぶに捨てていると同じ。


 もっと現実を見ろ!!!!!!。


 ちなみに当選番号は ここだ
posted by ブログ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

篤姫総集編

●篤姫総集編

 1年間楽しみに見ていた、NHK大河ドラマ「篤姫」が
 終わった。

 今週は、篤姫総集編が放送されている。
 今日の19時30分からの総集編第三回で
 その、篤姫総集編も終了する。

 視聴率も、ここ10年間の大河ドラマの中で
 1位だそうだ。
 尤も、私のようなものでも、見るから、視聴率が
 上がるのだろうが。

 NHK大河ドラマといえば、過去の歴史において
 その時代の主人公を、メインに製作されてきた。

 おととしの、山本勘助から、歴史上の超有名人を
 とりまく人にスポットを当ててドラマを作成している。

 山本勘助や天障院篤姫の名前は知っているが
 ドラマを見ていて、その詳細がわかり、歴史の
 勉強になり、毎回楽しみに見せていただいた。

 今回のドラマの中で、母親役のお幸(樋口可南子さん)が
 篤姫(宮崎あおいさん)に、人はそれぞれの役割があり
 その役割を果たす事が大切と諭す場面があるが
 このドラマで伝えたい一つのテーマと思います。

 今日で、その総集編も終わり、とても残念であるが
 来年のドラマである「天地人」の直江兼継もこれまた
 戦国の偉大な武将、上杉謙信に仕えた脇役の生き様を
 描くが、このドラマのテーマのひとつは「義」である。

 人間として暮らしていくに大切な「義」をどんな
 映像にして我々に届けてくれるのだろうか。

 それにしても、今日の篤姫総集編で、篤姫ともお別れである
 最後の篤姫をしっかりと見ようと思う。
 
 
posted by ブログ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

今日の遼くん

男子ゴルフの最終戦、「日本シリーズJTカップ」が開催されている。

コースはあの難関な東京よみうりCC。

大詰めの、17番、18番がドラマを生み出している。


通常、17番パー5では、皆がバーディを狙っており

また、18番は凄い受けグリーンの、パー3である。


普通の状態ならば、プロなのでスコアーはまとめられるが

優勝争いをしている人は、心に欲や焦りが出る。

そうなると、通常の力が出ないのが、人間である。


今日の遼くんは、またスコアーを伸ばした。

2日目を終えて、4位タイ。

首位とは2打差の僅差である。


このままで最終日を向かえ、終盤の2ホールを

前に、どういう気持ちでティグランドに立つのだろう。


遼くんは怖いもの知らず。ドライバーでバンバン攻めていくだろう。

人気の秘密は、これだけではない。

マスコミのインタビューに答える姿。言葉の選び方。

丁寧且つ、しっかりと答えている。

プロ1年目とは思えない。


これからも男子ゴルフツアーの主役として歩み続けるだろう。

posted by ブログ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

アメリカは凄い!

●米国の経済に不景気の嵐が吹きまわっているのは

 皆さん、ご存知のとおり。


 金融機関だけではない。


 アメリカの象徴といわれる、自動車産業。

 ここも、凄い不況の嵐だ。

 ビッグスリー(BIG3)の
  
  ・GM
  ・フォード
  ・クライスラー

 この3社の最高経営責任者(CEO)が

 自社の経営支援に公的資金を注入して欲しいと

 米国議会にお願いした。


 私たちは、これまでに出来る全てのこと(経営のための
 
 支出削減)をやった。ここで我々を救わなかったら、

 米国は今後、15兆円/年の税収を失うといって、

 脅した。


 日本だったら、すぐに政府自民党は、公的資金注入になるが

 そこは、さすがアメリカ!


 CEOがワシントンに来たときの、交通手段を聞いた。

 皆さんの中で(上記3社のCEOの事を指す)

 民間機で来た方は、手を上げてください。

 ・・・・・・・・・。

 誰も手を上げない。



 それでは、ここから帰るまでに、来る時に乗ってきた

 自家用ジェット機を売却して、民間機で帰る方は

 手を上げてください。

 ・・・・・・・・・。

 誰も手を上げない。




 これで何がいいたいかというと。

 各社のCEOは最大限の節約をやったと言っているが

 庶民の目線や感覚で無いと言う事だ、


 アメリカの議員は、庶民の目線を持っている。

 アメリカの国民は、今まで儲けて優雅な暮らしを

 してきた人を助けるために、何で我々が、更に増税で

 助けないといけないのか。

 怒っている。



 日本の政治家にも、庶民の目線をもって欲しい。


 
posted by ブログ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

祝! 石川遼 初優勝

●祝! 石川遼 初優勝

 男子プロゴルフトーナメント(国内)で

 石川遼君が初優勝をかざった。

 驚きの高校生である。


 彼のプレースタイルは一貫している。

 攻めるゴルフに徹している事だ。


 だから、歯車がかみ合わない時は、予選落ち。

 歯車がかみ合えば、今回のような優勝も手にできる。


 安全にということをやらない。


 ゴルフはミスのスポーツである。

 パー72からいくつミスをしたかでスコアーがきまる。

 
 しかし、プロの試合は、ミスではなく、
 
 バーディを取ったかで勝負が決まるのである。


 そういった意味では、若い時から変にまとめるゴルフではなく

 どんどん攻めていくプレーヤーになってもらいたいと

 思う。


 記者会見も報道されているが、しっかりとした言葉遣い

 丁寧な対応。


 ボクシングの亀田兄弟とは天地の差がある。

 育った環境、家庭・周囲の人の教育、全てが

 別世界の人に見えてならない。


 ボクシングとゴルフのスポーツ自体の差だろうか。


 亀田兄弟が幼稚園児のガキ大将と重なるのは

 私だけだろうか。


 
posted by ブログ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

総選挙はいつ?

●総選挙はいつになるだろう

 解散はいつだろう

 時間を稼ぎたい自民党。

 少しでも早く解散したい民主党。



 解散は11月下旬と見る。

 自民党の大物議員も事務所開きした。


 11月下旬を過ぎると来年度予算策定明けの

 4月になるだろうとの見方が大勢である。


 カードは麻生さんが握っている。



 自民、民主どちらでもよいが

 国民目線で政治を行ってほしいものである。
posted by ブログ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。