2014年03月11日

震災から3年、復興の今は

今日は、3月11日で、東日本大震災から3年に当たる。
今日は、報道各局で、震災関連の特別報道などがあるが
復興は、思ったよりも進んでいない。

予算は十分にある。国民の税金が復興税と言う形で
投入されて、私の税金も、あなたの税金も使われている。
これは、非常によいことである。

しかし、復興予算の使われ方が、おかしいところが
たくさんあることが報道されてきた。

地震で地盤沈下し、そこに海水が3年間もたまって
農家の人でも、ここで作物が取れるようになるまで
数十年もかかると言われる農地の復興に、数百億円。
ここの土地の地権者は農業が出来ないので、国に土地を
購入してもらい、国で大規模のソーラー発電の土地に
してもらうなどの方法が一番よいといっているが
そのようなところがたくさんあり、工事が進められている。
購入するだけであれば、今やっている修復工事の何十分の一の
費用ですむ。地権者もそれを望んでいる。
なぜ、このような無駄なことをやるのか。

もう一例は、人が住んでいない、無人島の沿岸に
高い防潮堤の工事がされている。
なぜこのようなところに防潮堤を作るのかと言うと
農地を守るということだそうだ、農地といっても、極わずか。
このようなことが進んでいる。

ます、復興予算を早く使わないといけないと言うしばり。
ともかく、建設業者に仕事をまわさないとと言う
不要な気配り。

前にも、復興予算が被災地以外の関係ないことに
使われている事が、報道されて問題になったが
今度は、被災地で、おかしなところに不要とも思われる
税金の無駄遣いとも思われることがおきている。

これでよいのだろうか。我々の税金はこのような不要なところに
使ってほしくない。役所の職員は、うわべだけで仕事をしないでほしい。
実際に、被災者に寄り添って被災者の声を聞いて
仕事をすれば、うわべをつくろうような仕事にはならないはずである。

来年の3月11日には、愚痴ではなくもっと前向きの記事を書きたい。
posted by ブログ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。