2012年07月10日

大津市教育委員会のでたらめ

大津市の中学生の自殺に関して
大津市教育委員会は、見てみぬふり、自分たちの責任の回避
自己保身を図っている。

自殺した生徒の学校の中学生のアンケートに
自分は見たが、止めれなかったことを悔いている
子供たちが必死に書いた、そのアンケートを
見逃した、との言い訳。

いじめはなかったと言う明らかに間違った記者会見。

教育委員会は、ここまで、腐敗しているのか。


そもそも。教育は、日本の将来に大きな影響を受ける。
教育と言うものは、オウム真理教を見ても良くわかるように
時には、非常に間違った道でも、自分の信念で遣り通す
力が出てくる。


このような、日本の子供たちを教育する人間が
オウム真理教の麻原彰晃に良く似た人間であってはならない。


今や、教育委員会は、オウム心理教と同じである。

彼らは、公務員であり、我々の税金で賄われている。
このようなところへは、私の税金は一円たりとも
使って欲しくない。
posted by ブログ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。