2012年06月26日

消費税増税法案衆議院通過

消費税増税法案が衆議院で採決されて、今日可決した。
民主党で反対した、いわゆる造反議員は57名とのこと。
それに加えて、棄権をした人は16人とのことだ。

管理人は、これまでにこのサイトで意見を述べてきたが、
社会一般の常識で言えば、民主党の中で反対した議員が
正しい行動を取ったと思います。

消費税を上げてはいけないとは言っていない。
前回の選挙の時には、財政改革(無駄遣いの撲滅)を
しっかりやるからと国民に約束して、政権をとったはずだ。
それを、反故(ほご)にして、自分たちの身を切ることはやらずに
国民に負担だけを強いることしかしていない。

消費税を今上げないといけないのか。
NHKの報道で、町の声が報道されているが、
・国が困っているから。
・借金の付けを孫子の時代にまで、先送りできない。
・仕方ないから。
と言う声があるが、この人たちは、政治・経済に関心があるのだろうかと
思いたくなる。

日本の国の借金は、確かに多い。
しかし、国がヤバければ、為替は円高である。
各国は、自国の通貨を高くしたくないので、
円高大歓迎である。
日本の財政が本当にヤバければ、円高にはならない。

つまり、消費税はもう少し先でも良いということである。

その前に、やるべき事があるだろうということだ。

只今の、NHKニュースナインで、
野田総理は、造反者を処分しなければならないといっている。
それならば、
我々国民は、野田総理を処分すべきだ。
次の選挙が行動を取る時だ。
posted by ブログ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。