2012年06月25日

野田総理は何を考えているのか。

野田総理は、今日の民主党の会議で
行政改革はしっかりとやってきた。
@.国家公務員の人件費は7.8%カットしたと
 堂々と言ってのけた。

民主党が政権をとるときに、国民に約束した
マニフェストでは、国家公務員の人件費は
20%カットと言っていた。

20%の公約を掲げて、7.8%でしかも2年間と言う
期限付き。
一般の会社では、この評価は、やる気を見せたが
目標未達成で、評価は5段階で2と言ったところだと思う。

評価が2で、大見栄を切って、しっかりとやったなどと
自慢ともいえる演説が出来たものだなと思う。

自己満足以外の何者でもない。

管理人に言わせれば、国会議員に国民の税金を
渡したくないと言う思いでいっぱいである。

もちろん、霞ヶ関のシロアリと言われる官僚にも
私の税金を一円でも渡したくはない。

一国の総理の発言としては、これほど軽いものは
鳩山、菅、野田とたて続けであり、
小学校の生徒会長のほうが、よっぽどましに
自分の約束を守ることをやっている。

こういった見方をすると、民主党の代表は、小学生以下のレベルだ。
posted by ブログ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277269471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。