2008年09月03日

福田首相辞任の後は

福田さんがやめた。

メディアでは、いろいろと報道されている。

個人的な見解では、安倍さんの突然の辞任を受けて
その後を引き継いだ形だが、まったく違う路線を
走った形になったと思う。

一言で言えば、官僚政治への逆戻り。

国会答弁を聞いても、文章を読み上げるだけ。

自分の言葉で、真剣に答えたのは
最後の辞任会見の時だけ。

特に貴社の質問に、「君とは違う」と言ったところかな。


このままでは、昔の政治に逆戻りと思っていたが
いい具合にやめてくれた。
ここらで、急ブレーキをかけて欲しい。


何が言いたいかといえば、せっかく国の財政の
使い方(正しくは無駄使い)を見直そうと
小泉さんから始まった、国の改革を
最後までやり遂げて欲しいのだ。


納税は国民の義務である。私は、消費税が10%になろうとも
文句は言わない。

そのお金が、世の中の人の役にたっているならば。


今はどうだろう。
一部の人の懐に入るだけ。

既得権と言うやつか。

天下り法人。このようなものは、全部やめてしまえ。

民営化というが、何故、民営化するの。
国営化だと、国が損するから。

つまり、国家公務員に任せておくと効率が悪い。
仕事の仕方が悪い。

仕事が出来ない。トロイ。

この事は、国民全部が知っている。


これを見た国家公務員は、頭にこないのか。

発奮しないのか。


そもそも、こんなことには気づく人は
公務員は誰もいないのだろう。


何でか。


ぬるま湯につかっている、のんびりやで
気付かないから仕方がないのかもしれない。

こんなやつらには、俺の税金は
1円でも使われて欲しくはない。


俺の意思は、次の選挙で示すつもりだ!







posted by ブログ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105973406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。