2014年11月03日

川内原発の再稼働は良いのか

鹿児島県の川内原発が、再稼働に向けてまっしぐらだ。

本日は、小渕さんの代わりの宮沢経産大臣が、地元鹿児島県の、伊藤知事を
訪問し、川内原発の再稼働を要請した。
伊藤知事も、前向きに再稼働を進める模様だ。

一方で、自民党の細川前幹事長は、鹿児島市で、鹿児島県内の自民党議員と
集会を持った。
細川元幹事長は、原子力規制委委員会が、安全という宣言をしているので
政府与党としては、再稼働に真っしぐらでよいとはっぱをかけた。

しかし、原子力委員会は、事故が起きた時の責任は、我々にはないと
言っている。

原子力委員会の判断要件には、事故の際の住民の避難をどうするかは
何も入っていない。

要するに、政府は、まだ、事故は起きないという安全神話にどっぷりと
漬かっているのである。つまり、3.11の原発事故は過去のものとしたいのである。
一言で言えば、事故は起こらないと考えて行動することが
簡単だから、そちらを選んだのである。
これは、経済産業省の官僚の筋書きであろうことは、容易にわかる。

原発を再稼働しないと、海外からの原油や天然ガスの輸入量が多くなり
コスト増につながるとか、日本の貿易収支に影響を与えるとか・・・。

私は、もう一度、原発事故が起きないと、目覚めない、わからない
このような輩が、日本をコントロールしているのかと思うと
とても不安になってくる。


そんなに安全ならば、東京湾に原発を作って
稼働させるくらいのことをやってみろ。


これができるのならば、官僚の言うことを聞こう。
これが出来たら、原発の再稼働を認めよう。


我々は、生命保険に入っている。また、車を運転する人は
自動車保険に入っている。
それは何故か。

万が一のことを考えて、保険というものをかけているのだ。

原発の安全神話には、万が一ということを想定していない。


とても愚かなことだ。
その根底には、事故が起きても、責任は誰もとらなくてもよい。
責任の所在があいまい。

このことは、民間では許されないこと。
それを許している日本という国の国民は、
自分たちが、日本という国を堕落させていることに
気づかないといけないのだろう。

次に何をするのかという、行動が、国民の大きな課題だろう。
一つは、世論というものかな。

あとは、選挙で官僚もろとも入れ替える法の改定、
国の仕組みの改定などが考えられる。
posted by ブログ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。