2014年12月11日

国の財政は、家庭と同じと思いますが。

日本の財政は、国債の借金が1000兆円を上ると

いわれていますが、借金を返さないで良いといっているのは

自民党の副総理兼財務大臣の麻生太郎前首相です。


自民党の批判ではありませんが、このような考えの人が

財務大臣でよいのでしょうか。


現在の自民党は、税金をあげて(消費税やその他相続税など)

家庭でいえば、収入を増やすことばかり言っているが

支出を減らすことは、何もやっていない。


一般家庭ならば、収入に比べて支出が増えた時には

まず、本丸のお父さんの小遣いを減らされる。

また、贅沢品の購入を控える。

など、いろいろな支出削減を行うのが当たり前だ。


しかし、日本の国の、官僚と政治家は、税金という国民の血税を

我が物顔に、何の躊躇なく、無駄遣いをしていく。

公共事業しかり、各省庁の天下り先の法人への高い金額での

発注然りである。


確かに、収入を増やす、これだけでなく、支出を減らす。

この二つを、両輪で回していかねばならない。


財政再建としてのアベノミクスは、過度の円安で、国民に

多くの負担を強い続けている。

円安で、輸出企業が儲かって、そこから上がる税収が増えるのならば

消費税を上げなくてもよいくらいにしないと、

円安にした意味がないと思うのだが、私の意見は間違っていますか。


今から、20年、30年前ならば、国内でもの作りをしていて

円安ならば、国全体でかなりの収益があったであろうが

輸出企業は、もの作りの現場(工場機能)が海外のために、円安ほど税収が

上がらないのは、わかっているのだろうか。


円が100円から120円に円安になることで、

消費税2%アップ分の支出を一般家庭は強いられてしまう。

次々と、ものの値段が上がっている。

というか、10月末から、1か月とちょっとで、1ドル10円以上も

円安になっている。

この円安の影響が出てくるのは、年が明けてから。

身の周りの、一般消費財といわれるものが、更に値上げをされる

この時期が、年明けからということ。


アベノミクスの考え方は、悪いとはいわないが、円安によって

被害を受けているところには、それなりの手当てが必要なのでは

ないのか。


このほかに、外交という分野では、安倍首相以外に適任者はいないであろう。


あとは、身を切る政策(家庭でいえば支出)は、維新の党の政策が

良いであろう。何といっても、大阪市の実績を見ればよいであろう。



現在は、自公連立政権が大勝利といっているが、今のままだと

政治に緊張感がなく、数のチカラで何でも押し切っていくので

与党と野党の数(議員の数)の拮抗した、緊張感のある国会運営を

やってもらいたい。
posted by ブログ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

川内原発の再稼働は良いのか

鹿児島県の川内原発が、再稼働に向けてまっしぐらだ。

本日は、小渕さんの代わりの宮沢経産大臣が、地元鹿児島県の、伊藤知事を
訪問し、川内原発の再稼働を要請した。
伊藤知事も、前向きに再稼働を進める模様だ。

一方で、自民党の細川前幹事長は、鹿児島市で、鹿児島県内の自民党議員と
集会を持った。
細川元幹事長は、原子力規制委委員会が、安全という宣言をしているので
政府与党としては、再稼働に真っしぐらでよいとはっぱをかけた。

しかし、原子力委員会は、事故が起きた時の責任は、我々にはないと
言っている。

原子力委員会の判断要件には、事故の際の住民の避難をどうするかは
何も入っていない。

要するに、政府は、まだ、事故は起きないという安全神話にどっぷりと
漬かっているのである。つまり、3.11の原発事故は過去のものとしたいのである。
一言で言えば、事故は起こらないと考えて行動することが
簡単だから、そちらを選んだのである。
これは、経済産業省の官僚の筋書きであろうことは、容易にわかる。

原発を再稼働しないと、海外からの原油や天然ガスの輸入量が多くなり
コスト増につながるとか、日本の貿易収支に影響を与えるとか・・・。

私は、もう一度、原発事故が起きないと、目覚めない、わからない
このような輩が、日本をコントロールしているのかと思うと
とても不安になってくる。


そんなに安全ならば、東京湾に原発を作って
稼働させるくらいのことをやってみろ。


これができるのならば、官僚の言うことを聞こう。
これが出来たら、原発の再稼働を認めよう。


我々は、生命保険に入っている。また、車を運転する人は
自動車保険に入っている。
それは何故か。

万が一のことを考えて、保険というものをかけているのだ。

原発の安全神話には、万が一ということを想定していない。


とても愚かなことだ。
その根底には、事故が起きても、責任は誰もとらなくてもよい。
責任の所在があいまい。

このことは、民間では許されないこと。
それを許している日本という国の国民は、
自分たちが、日本という国を堕落させていることに
気づかないといけないのだろう。

次に何をするのかという、行動が、国民の大きな課題だろう。
一つは、世論というものかな。

あとは、選挙で官僚もろとも入れ替える法の改定、
国の仕組みの改定などが考えられる。
posted by ブログ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

韓国よ。そこまでしても日本に勝ちたいのか?

韓国のインチョンで、アジア大会が行われている。

オリンピックとオリンピックの間の年の、4年に一度行われる

世界の地域人口では、一番の、40億人の頂点を決めるアジア大会。


このような、オリンピックの次に国際的に大きな国際大会であるアジア大会。


事件は起きた。

バドミントン男子の団体1回戦。日本対韓国の第一シングルスの試合だ。

日本のエース、田児選手が出場した試合で、不可解な風が吹いた。

バドミントンは、風の影響をとても大きく受けるスポーツなのである。

バドミントンは、向かい風が吹くと、シャトルが飛ばず、相手コートに

浅く入るために、相手選手に有利になる。

そのハンディを防ぐために、1セットごとに、コートをチェンジするが

田児選手の試合の時は、コートチェンジをしたら、

これまでの逆風から、追い風に変わるはずなのに、風向きが変わり

向かい風の連続だったのである。


これは、空調の操作により、風向きをいとも簡単に変えられる

体育館であり、韓国選手も、空調の風の影響がこれほどまでに出る

体育館は、世界には無いといっている。


また、世界的なバドミントン王国のインドネシア選手も

日本の隣のコートで試合をしていたが、

「おまえらがコートを移動したら風向きが変わった」と言われたという。

つまり、日本選手の試合のコートチェンジが終わったら、

なぜか、タイミングよく、風向きが変わったという意味である。


報道では、アウェーの洗礼とか書かれているが、

韓国や中国は、このようなことをしてまで、日本に勝ちたいというか

ここまでしないと、日本に勝てないということである。

姑息なことをする韓国、中国。


大陸民族の化けの皮がはがれたか。本性みたり。





posted by ブログ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

福島事故の後遺症はどこまで。いつまでたっても懲りない日本政府。

福島原発事故の放射能被害の払しょくに、小学生の修学旅行に

福島県を訪れることを内閣が奨励しているとのことであるが

安倍総理大臣が、福島県を訪れて、特産品を食べるパフォーマンスを

することが報道されているが、そのことがかえって不振を勝っている

ことを感じるのは私だけであろうか。


放射能除染した、微量の放射能が含まれた土壌の置場一つとっても

どこに置くのかさえ全く決まらない。中間置場さえまったく決まらない。

このような現実の中で、世界最高の安全基準と豪語して、九州の

川内原発を再稼働しようとしている。事故発生時の住民の避難計画すら

出来ていないのに、見切り発車するつもりである。


世界最高の安全基準といっても、福島のように核燃料が溶けてしまい

下に落下しても、それを受け止めるキャッチャーがついているのが

欧州の原発の、標準であるが、それすらもクリアー出来ていないで

何が世界一の安全基準なのであろうか。

井の中の蛙といわざるを得ないし、万が一の事故発生時の

責任もだれがとるかは、政府と原子力委員会で責任のなすりあい状態。


こんなことで、再稼働してもよいのか。

電気代が高くなって、それが円安のせいで、アベノミクスが

円安で、輸出産業に利益をもたらし、それで税収を上げて

という、目論見であるが、貿易収支は一向に良くならない。


むしろ円高のほうが、日本経済にとっては良かったのではないかという

数値が出ている。


原発の再稼働は、何が何でも反対する世論を盛り上げないといけない。

次の原発の事故が起きたら、今の福島県の人と同じ思いをするのが

あなたかもしれない。
posted by ブログ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

集団的自衛権の行使容認について

今日は、最近で一番大きなニュースであろう。
この集団的自衛権行使容認の件ですが、国民の中にかなり反対の声があり、野党は、この集団的自衛権行使容認を認めることで、国民の平和が守れない、国民の命が危険にさらされるなどといっているが、私はそうは思わない。
日本人は、とても平和ボケしている。
中国の脅威をどのようにとらえているのか。中国は、今、戦争をしたくてしたくて仕方がない。これまでに、じっと我慢で蓄えた力を、試したくて仕方がないのである。
憲法で平和が守られているというが、中国が攻めて来たら私たち日本は平和憲法を行使しているので、戦いませんといって、中国が、はいそうですか、で済ませるだろうか。
国際社会に訴えても、何とかなるのだろうか。
ウクライナの、クリミア半島が、ロシアの実効支配になったが、国際社会のチカラで、なんとかなっているのか。ロシアに、圧力や制裁を加えているといわれているが、それで変化があったのか。

中国の脅威、北朝鮮の脅威に対抗するためには、それに対抗しうる軍事力を持たないといけない。先進国のように、話し合いで決めましょう。国際法にのっとって対応しましょうなどいう言葉が通じればよいのであるが、話し合いや国際法などは全く無視を決め込む中国を相手にすると、チカラにはチカラで対応しないといけない。
南シナ海で起きている、領有権争いで、ベトナムとフィリピンの島が中国に実効支配されているのは、ベトナム、フィリピンは、中国からなめられているからの一言に尽きる。

日本の隣国に、中国のようなならずもの国家がなければ、これまでの平和憲法重視で問題ない。そのならず者国家の中国が、これまでのように、まだ貧しかった時(軍事力の脅威もなかった時)は、日本は、何も問題がなかった。集団的自衛権も話題に乗らずに住んでいただろう。
ならず者国家の中国が、足を一歩づつ前に出して、日本の領土を侵略してくることが見えているので、前もって布石を打つということで、私は大賛成である。

何もしないと、尖閣諸島のみならず、沖縄全体までもが、中国に乗っ取られてしまうと考えているのは、考えすぎであろうか。日本人一人一人が、現状をよく見てしっかりと考えてほしい。
posted by ブログ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

南シナ海は誰のものか?

昔、近所にチャイナという名前の腕白坊主が住んでいた。
このチャイナ君は、子供の時からわんぱくで、近所のみんなに
迷惑をかけていたが、周りはみんな大人で、子供のやることだから
仕方がない、目立ったようなみんなに迷惑をかけるようなことまで
しないから、誰もあまりお咎めをせずに対応していた。

それから、十数年が過ぎた。
チャイナ君は、こどもから、とても身体が大きくなった。
身体が大きくなり、大人の身体になったが、頭は、子供のままだった。
したがって、チャイナ君のわがままな行動が、エスカレートしてきた。
隣の家との塀は壊すは、隣の家の庭に植えてある、美味しい柿の実がなる
柿の木は、自分のものだといって、隣の家の庭に入って、
勝手に柿の実を、取っていく始末。

またみんなで使っている、地区の公園も、自分の土地だという
遊具も自分のものだという。
挙句の果てに、地域の公園だというのに、勝手に土を運びこみ
自分の畑を作る始末で、ルールやマナー、モラルなどは持ち合わせずに
近所では、ならず者と呼ばれるようになった。

図体ばかりがデカくて、頭は子供。行動も子供そのもの。
自分さえよければ、どのようなことをしてもかまわないという
わがままな、ならず者に成長した。

このチャイナ君は、中国を表す。
地域の公園は、南シナ海である。

ベトナムで、反中デモが起きている。
頑張れ、ベトナム。頑張れフィリピン。頑張れASEAN。

posted by ブログ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

立て続けに事故発生!韓国の実力は?

残念ながら、大勢の尊い命が奪われた、セウォル号の沈没事故。
それから、半月足らずで発生した、ソウルの地下鉄の衝突事故。

両方の事故ともに、真の原因はいまだに不明だ。

このところ、急激に経済発展をした韓国。
そのうらで、安全は置いていかれたのか。

企業が、商品やサービスを作る行う現場では、
安全第一という鉄則がある。日本には、この安全をしっかりと
取り締まる法律や、システムがある。
労働安全基準法や、安全のISO管理システムである
ISO18001もある。

安全を守ろうとすると、非常にお金がかかる。

工場現場で、一番多く怪我が発生する例は、
例えば、プレス。
プレスに部品をセットして、プレスをスタートした時に
部品の金型へのセットが上手くいかなかったことを
発見して、とっさに手を入れて、その間にプレスが動いて
指を切断する。
こう言った事故が、昔は非常に多かった。

しかし、今では、プレスの前に手を検知する安全装置の
取り付けが義務付けられてからは、事故が激減している。

安全装置は、かなりの高額である。また、作業効率も悪くなり
結果的に、コストが上がるといったところに、跳ね返ってくる。

しかし、これを怠ると、事故が起きた時に、その安全装置の
数倍から数十倍といった大きな付けが返ってくる。
これは、どのような場合でも、同じと考えてよいであろう。

この辺りを、ないがしろにした結果が、今の韓国なのかもしれない。
国の基本がしっかりしていないところで、一流国になったと
思っている韓国国民。
砂上の楼閣の上に立っているのが、韓国という国なのかもしれない。

主張といえば、日本の慰安婦問題と竹島占領のことばかり。
これは、中国とおなじ民族性を映している。

このままでは、朝鮮半島は、中国のものになってしまうのであろう。
20年後、いや10年後先のことかもしれない。
posted by ブログ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

震災から3年、復興の今は

今日は、3月11日で、東日本大震災から3年に当たる。
今日は、報道各局で、震災関連の特別報道などがあるが
復興は、思ったよりも進んでいない。

予算は十分にある。国民の税金が復興税と言う形で
投入されて、私の税金も、あなたの税金も使われている。
これは、非常によいことである。

しかし、復興予算の使われ方が、おかしいところが
たくさんあることが報道されてきた。

地震で地盤沈下し、そこに海水が3年間もたまって
農家の人でも、ここで作物が取れるようになるまで
数十年もかかると言われる農地の復興に、数百億円。
ここの土地の地権者は農業が出来ないので、国に土地を
購入してもらい、国で大規模のソーラー発電の土地に
してもらうなどの方法が一番よいといっているが
そのようなところがたくさんあり、工事が進められている。
購入するだけであれば、今やっている修復工事の何十分の一の
費用ですむ。地権者もそれを望んでいる。
なぜ、このような無駄なことをやるのか。

もう一例は、人が住んでいない、無人島の沿岸に
高い防潮堤の工事がされている。
なぜこのようなところに防潮堤を作るのかと言うと
農地を守るということだそうだ、農地といっても、極わずか。
このようなことが進んでいる。

ます、復興予算を早く使わないといけないと言うしばり。
ともかく、建設業者に仕事をまわさないとと言う
不要な気配り。

前にも、復興予算が被災地以外の関係ないことに
使われている事が、報道されて問題になったが
今度は、被災地で、おかしなところに不要とも思われる
税金の無駄遣いとも思われることがおきている。

これでよいのだろうか。我々の税金はこのような不要なところに
使ってほしくない。役所の職員は、うわべだけで仕事をしないでほしい。
実際に、被災者に寄り添って被災者の声を聞いて
仕事をすれば、うわべをつくろうような仕事にはならないはずである。

来年の3月11日には、愚痴ではなくもっと前向きの記事を書きたい。
posted by ブログ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

明日の雪は、舛添さんに味方するか(東京都知事選挙)

明日には、夜明けから、ずっと一日中雪が降ると予想されている
東京都。都心でも、10年ぶりに一度くらいの雪になると盛んに報道している。

雪が多く積もると、翌日の日曜日は多分、前日に降った雪が道路上に
かなり残り、外出を控えることが予想されます。

日曜日は、東京都知事選挙の投票日。
このままだと、投票率が低下する可能性が大きいです。

そうなると、組織票を持っている候補である舛添さんが
がぜん有利になると予想しています。


そういえば、今週は、日曜日が投票日だというのに
東京都知事選挙関連の報道があまり見られないのは
なぜでしょう。
原発の話題を報道すると、細川さん小泉さん連合に
有利になるので、自民党が、報道メディアに、何らかの
圧力をかけているのでしょうか。?
posted by ブログ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

メニューの誤表示

今、世間をにぎわしている話題のひとつは、レストランや高級ホテルといわれるところでの
メニューの誤表示と報道されていることだ。

事の発端は、今年の6月半ばに新聞に載った記事である。
これを受けて、阪急・阪神ホールディングスのレストランで、メニューの表記と違う
食材が使われていたことを、発表してから、これまでに日本全国のそこらじゅうに
雨後の竹の子のごとく、謝罪会見が開かれているのだ。
毎日、この報道があり、もうニュースのトップでは扱われなくなった。

ところで、この表示メニューと違う食材であるが、これまでに発表されたすべてが
表示食材より、悪い・ランクの低いいわば安い食材を使っていることだ。

一件でも、高いほうの食材を使っていましたという報道や謝罪会見は
見たことも聞いたこともない。
これは、どういうことだ。

一般に、誤表示と言えば、間違った表記をしているということ。
なぜ、安いものにしか・・・。

このことは、まとめると、誤表示で済まされるのだろうか。

うっかり間違ったではなく、故意にやっている。わからなければ
それでよい。万が一、わかったときは、ごめんなさいで
いけばよいという、台本が作られていたというのは、かんぐりすぎだろうか・・・。
posted by ブログ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。